*

AQUOS K SHFシリーズの携帯カレンダーデータを利用する方法

公開日: : 最終更新日:2021/02/14 ソフトウェア, 携帯・スマホ

AQUOS K SHFシリーズ(SHF31,32,33)を使用している方にとって有益な情報です。

ガラホと呼ばれるこの携帯は、従来のガラケーとは違って、アンドロイドOSを使用しているので、カレンダーで使われているデーターは特殊な形式になっており、従来のガラケーのように簡単にGoogleカレンダーなどにデータを移行させることはできないようです。

そこでバックアップを利用してデータを取り出し、パソコンで加工変換してエクセルデータとして利用できる方法を実験してみたのでレポートします。

作業1. バックアップ作業

AQUOS K SHFシリーズ携帯にオプションで内臓できるmicrosdに データを保存します。

メニューの設定から

 

データ引継・リセット

 

 

からデータ引継を選択→

マイクロSDにデーを保存を選択して

 

microSDにデータを保存します。

作業2. バックアップデータの確認

保存したデータは拡張子がisoなので、Jsonvewerというソフトでテキストとして見ることができます。
ただし、日付け、時間がunixtimeという13桁の数字になっています。
これは後でわかったことですが、unixtimeは10桁であり、今回のデータには3桁余分なゼロがついています。

作業3. データの加工

このデータを、JsonファイルをCSVに変換するウェブサイト https://json-csv.com を利用してCSVに変換して、その結果をエクセルでのjson変換となるようにします。

例として、CSV変換後の表形式のデータで、event__dtend欄の数値1456820000000 を1456820000にLeft関数を使い修正することで、ユニックスタイムとして認知されることになります。


そして 結果を表示するセルに =(Z2+32400)/86400+25569 という式を設定すると、めでたく 2016/3/1 17:13 という表示ができます。

このようにして、AQUOS K SHFシリーズ携帯のカレンダーデータを一覧表示する表形式データに変換することができます。

そして一覧表示されたデータは、データフォルダの書類として登録保存することで、AQUOS K SHFシリーズ携帯の内蔵アプリ”OfficeSuite”で読み込むこともできます。

関連記事

no image

iphone wifi 無料 au解約後も使える方法

iphoneを wifi で無料で au解約後も使える方法の解説です。 au販売店で購入後、

記事を読む

au版iphone5(無印)を格安SIMのmineoに乗り換えた 2

au版iphone5(無印)を格安SIMのmineoに乗り換えた1で書いたように、au版iPhon

記事を読む

no image

携帯PIMデータを変換ソフトで日本語化

携帯PIMデータをスマホに移植する の続編です。 転送されてきたデータをW52SH内蔵

記事を読む

no image

携帯PIMデータをスマホに移植する

ガラケーからスマホに買い替えた時に、今まで利用していたPIMデータはどうしていますか? どう

記事を読む

確定申告の収入と所得

確定申告の収入と所得とは 確定申告の提出において、収入と所得の違いをよく理解しておく必要があ

記事を読む

電子メモ帳 12インチ 使ってみた

新型電子ペーパーとして、手書の代わりをするタブレット・スタイルの新型電子メモボードです。製品の上部

記事を読む

no image

花粉症にロートアルガードクールEX 使ってみました

ロートアルガードクールEX 使ってみた使用感をレポートします。 「アズレンスル

記事を読む

no image

PowerBook G3 Lombard

特徴的なのがBackのコネクター。USBとSCSIが見えます。

記事を読む

おうちクラウドDIGAを使ってみた

おうちクラウドディーガ DMR-BRT1030を買い使ってきました。 「おうちクラウドDIG

記事を読む

no image

iPhone修理のダイワンテレコム

アップルストア等正規窓口では対応していない【基板修理】も行っており、 【全国から郵送

記事を読む

PAGE TOP ↑